難産の原因や妊娠高血圧症候群の症状が起こる

高齢出産は難産や妊娠高血圧症候群のリスクも高める

高齢出産には、卵子の老化が原因の染色体のダメージにより、流産や先天異常のリスクがあることはすでにご紹介しました。

 

>>卵子の老化はいつから?年齢や防止方法など

 

しかし、高齢出産には他にも「ママの体の負担」という意味でもリスクがあります。

 

体の老化が出産のしやすさに影響する

 

高齢出産の定義は「35歳以上の妊娠、出産」となります。つまり、35歳~45歳ころの年齢の女性が対象なわけです。この年代には卵子の老化などの問題もありますが、何より「体そのものの老化」という問題があります。

 

人間の体は、高齢になるほど筋肉が硬くなる傾向があります。ただ、日常生活を送る分には、「体を動かすのがしんどい」「スポーツしていてもうまく体が動かない」などの問題がある程度で、直接トラブルになるほどではありません。

 

しかし、出産に関しては大きなハードルとなります。というのも、出産するとき赤ちゃんは「子宮口」から外に出てくることになりますが、その子宮口も筋肉の一部なのです。

 

20代のころは、筋肉はまだ柔らかく、子宮口もしなやかに開くのですんなりと出産できる場合が多くなりますが、高齢出産になると子宮口が硬くなって開きにくくなり、難産となりやすいのです。もともとスポーツをやっていると、子宮口も硬くなりやすい傾向があるのですが、高齢による硬化はそれ以上と考えられています。

 

そして、若いころに比べて体力も落ちているため、難産によって出産時間が長引き、体力の消耗も激しくなります。そのため長時間の出産に耐えられないと判断され、帝王切開となることも多くなるのです。高齢の場合、帝王切開からの回復は若いころより遅くなる傾向がありますが、難産によって母体を危険にさらすよりは安全と判断されているということなので、慎重に判断しましょう。

 

血管のトラブルにも注意が必要

 

もともと日本は医療技術が発達しており、出産時の母体の負担は世界でもトップレベルに少ないと言われています。しかし、高齢出産の場合は違います。

 

女性が妊娠すると、お腹の赤ちゃんに栄養を送る必要があるため、全身の血液量が増えます。出産時には、普段の1.5倍ほど血液が増えるともいわれています。それにより、出産時に血管障害が起こる可能性が高まるのです。産婦人科には血管障害に対応する設備がない場合が多く、母体が危険にさらされてしまいます。

 

当然、高齢出産の場合は20代の若いころに比べて体力が落ちており、心臓や血管、脳などさまざまなところに潜在的な疾患を抱えている可能性も上がります。そこに妊娠による血液増加があるため、出産時に思わぬ血管障害が起こるケースがあるのです。もし高血圧や動脈硬化などの症状がある場合は、必ず事前に医師に告げて準備をしておきましょう。

 

妊娠高血圧のリスク

 

高齢出産による血管障害の可能性についてお話しましたが、「血液」に関する話では「妊娠高血圧症候群」も気をつける必要があります。

 

高齢出産の年齢だと、若いころに比べて、糖尿病や高血圧、動脈硬化という、血液に関する生活習慣病を抱えている可能性が高くなります。こういう症状が、妊娠時にトラブルをとなることがあるのです。妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などを発症する可能性も高まってしまいます。

 

人間の血管は、年をとるほど硬くなっていきます。当然、胎盤から胎児につながっている血管も硬い状態となるので、血流が悪くなり、胎児の発育が遅れやすくなります。そして、母体の血圧も上がりやすくなり、妊娠高血圧症候群となってしまうことがあるのです。

 

妊娠高血圧症候群は、24歳以下の場合約2%ほどの発症率となりますが、高齢出産になると約7%と3倍以上に高まることがわかっています。もし高齢出産を行うなら、あらかじめ妊娠高血圧症候群についてもしっかり意識しておく必要があるのです。

 

妊娠高血圧になったらどうする?

 

軽症の場合は、ひとまず安静にしたり、食事を減塩したりなど、通常の高血圧対策を行えばOKです。無理して体を動かすことがよくないので、家事があったらパパに手伝ってもらうなどして、一日数時間は安静にする時間を作りましょう。食事に関しては、無塩にしてしまうとミネラル不足になる可能性があるので、最近では極端な塩分カットはしなくてもいいというのが通説になっています。

 

もし安静にしていても重症化してしまう場合は、速やかに医師に相談して、場合によっては入院する必要があります。入院中も食事療法などが基本となりますが、場合によっては早期分娩が推奨されることもあります。高血圧の原因が「妊娠」なので、出産を済ませて改善してしまおうというわけです。妊娠高血圧症候群は妊娠後期(32週目以降)に起こることが多いので、その時点でお腹の赤ちゃんが未熟児でないのなら、出産をしてしまおうということになるかもしれません。