妊婦が食べてはいけない食品

食べてはいけない食品を知っておこう

妊婦が食べてはいけない食品については、かなり注意が必要です。食品よっては、お腹の赤ちゃんに先天的な障害を残してしまう恐れもあるからです。

 

ここでは、妊婦がどんな食品を避けたほうがいいのかをご紹介します。

 

食べてはいけない食品その1:生卵、生肉、生魚、生貝

生卵や生肉、生魚などの非加熱食品には、サルモネラ菌が繁殖している可能性があります。サルモネラ菌に感染すると、腹痛や下痢、嘔吐などの症状が現れ、食中毒と言われる状態になります。

 

食中毒はお腹の赤ちゃんに直接影響するわけではありません。しかし、ママの具合が悪くなって食事がのどを通らなくなり、栄養不足になって赤ちゃんの成長が遅くなる可能性があります。

 

「昔から生卵や生魚であたったことがない」という場合は、無理に食べないようにしなくても構いません。ただ、念のため賞味期限をしっかり守ったり、食べる量を制限するなどの対策はとったほうがいいでしょう。

 

もちろん、今までにあたった経験がある場合は、食中毒を起こしやすい体質の可能性があるので、生卵・生魚系の食べてはいけない食品は避けたほうがいいでしょう。

 

食べてはいけない食品その2:水洗いしていない野菜・果物

洗っていない野菜や果物も、妊婦にとっては危険性が高いです。

 

というのも、未洗浄の野菜・果物は、トキソプラズマという寄生虫が付着している場合があるのです。もし妊娠中にとりこんでしまい、胎児に感染してしまうと、胎児が先天性トキソプラズマ症を発症してしまいます。そうなると、視覚障害・てんかんなどの障害を持って生まれてしまう可能性が出てきます。

 

赤ちゃんがまだ小さいうちに感染するほど、トキソプラズマ症の症状は重くなります。なので、特に妊娠初期はトキソプラズマの感染は要注意です。

 

なお、妊娠前から感染しているケースでは、お腹の赤ちゃんに影響が出る可能性はほとんどありません。トキソプラズマはネコのトイレから感染する可能性もあり、ネコを飼っている人の多くが感染済みというデータもあります。そういう家庭では、妊娠中の赤ちゃんへのトキソプラズマ感染のリスクは小さくなります。

 

あくまで、未感染のママが妊娠中に感染することにリスクがあることを覚えておいてください。

 

食べてはいけない食品その3:加工肉や未加工牛乳など

妊娠中に一番一番気を付けたい食べ物が加工肉生乳(未加工牛乳)となります。

 

その理由は、リステリア菌に感染してしまう可能性があるからです。普通の大人であれば、リステリア菌に感染しても胃腸炎や悪寒などの症状が出るだけです。しかし、妊婦の場合はもっと重症で、10~50%の確率でお腹の赤ちゃんを流産したり、早産してしまうのです。

 

さらにやっかいなのが、リステリア菌は妊婦ほど感染しやすいことがわかっています。リステリア患者の30人が妊婦だと言われているほどなので、妊娠中は再sんの注意を払わないといけないのです。

 

リステリア菌は未加工の牛乳、加工済みの肉などに多く含まれている傾向があります。なので、まず牛乳に関してはしっかり加工されたもの、できれば低脂肪牛乳などを飲むようにしたほうがよいでしょう。また、生ハムなどのデリミートも避けたほうがいいです。

 

特に海外製の加工肉は絶対にNG。日本国内と違って、衛生管理がいい加減でリステリア菌の殺菌がうまくできていないことがあります。国によっては定期的にリステリア菌の大量感染を発生させているところもあるので、海外産は特に注意しましょう。

関連ページ

妊娠中に旅行をする「マタ旅」、ホントに大丈夫?
妊娠中の旅行はおすすめされているふしもあります。出産すると小さな子供の世話に追われるので、その前に旅行をしておこうという考えです。しかし、実際には危険性も伴うのであまり推奨できない点もあります。
カンガルー抱きが赤ちゃんに与える影響とは
カンガルー抱き(カンガルーケア)が新生児との愛情をはぐくむのに役立つと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?危険性なども指摘されていますが、メリットもあります。事前にカンガルー抱きについて考えておきましょう。
子どもの世話がしんどいときの考え方
高齢出産だと、子どもの世話がしんどいこともあるでしょう。しかし、だからといって悪いことばかりではないのです。メリット・デメリットをご紹介します。