子どもの世話がしんどいときの考え方

高齢出産は子供の世話もしんどいものになりがち

苦労して高齢出産を終えても、「子どもの世話がしんどい」という問題に直面することがあります。高齢出産の場合、ママが高齢になるケースが多いので、普通よりもしんどいことが増えてくるのです。

 

二人目以降の子どもの世話

二人目の子どもが高齢出産になるのはよくある話ですが、初産に比べるとしんどい部分が多くなるという意見がよく聞かれます。赤ちゃんや子どもの世話は体力を使う仕事ばかり。20代のころは力がみなぎっているのでなんとか勢いでこなせることが多いですが、もし二人目以降が高齢出産の年齢となるとどうしても衰えを感じるはずです。ハードな子育てになかなか対応できないのです。

 

子どもとの年齢差

 

子どもの世話をするうえで年齢差も問題になります。仮に40歳で出産すると、子どもが小学校に上がるころには45歳以上の年齢になります。周囲は20歳近く年下のママばかりになるでしょう。お母さんが気にしなくても、世話をしている子どもがしんどいと感じるケースはあるのです。

 

そして、子どもが30歳を過ぎるころにはママ・パパの二人とも70歳を超えてくることになります。親としては、子どもが三十路を超えるまでは健康体でいたいものですが、70歳を超えるとなると体精神面もしんどい状況になることでしょう。

 

夫が高齢の年の差夫婦も多くなってきていますが、その場合子どもが成人するころには亡くなっているということも十分ありえます。

 

とうぜん、そんなことを気にしていたら高齢出産はできないので、前向きに考えることも重要です。今は医療技術も発達しており、両親ともに80歳を超えるまで長生きする可能性は高いです。体力面・精神面での衰えは隠せないかもしれませんが、子どもの成長を楽しみになるべく長く生きることを考えたほうがよいでしょう。

 

デメリットばかりではない

 

ここまで「子どもの世話のしんどいところ」ばかりを書いてしまいましたが、高齢出産にはメリットもあります。

 

まず、高齢出産をするということは、夫がある程度のキャリアを積んで中堅のポジションをつかんでいるころです。なので、高齢出産を経ても急いで仕事に復帰する必要はないかもしれません。さらに、若い人とは違い、人脈もいろいろと広がっているはずなので、困ったときは誰かが救いの手をさしのべてくれるケースもあります。

 

そして大きいのが経済力の差です。20代の夫婦だと、たしかに体力は有り余っているかもしれませんが、金銭的に余裕がないことが多いです。幼児虐待やネグレクトなどは親の経済力のなさからくることが圧倒的に多いので、子どもの世話を放棄してしまうケースは若い夫婦の方が多いでしょう。

 

その点、高齢出産の場合は経済的に恵まれている夫婦が多く、精神的なゆとりもあるので豊かな子育てができることが多いです。

 

高齢出産だとどうしてもしんどい部分ばかり気になりますが、経済面の豊かさなど、若い夫婦にはないメリットもあることは押さえておきましょう。


関連ページ

妊娠中に旅行をする「マタ旅」、ホントに大丈夫?
妊娠中の旅行はおすすめされているふしもあります。出産すると小さな子供の世話に追われるので、その前に旅行をしておこうという考えです。しかし、実際には危険性も伴うのであまり推奨できない点もあります。
カンガルー抱きが赤ちゃんに与える影響とは
カンガルー抱き(カンガルーケア)が新生児との愛情をはぐくむのに役立つと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?危険性なども指摘されていますが、メリットもあります。事前にカンガルー抱きについて考えておきましょう。
妊婦が食べてはいけない食品の一覧まとめ!
妊婦が食べてはいけない食品は意外とたくさんあります。一覧にしてまとめていますので、ぜひチェックしてください。