Q&Aコーナー

高齢出産は何歳から?

高齢出産を行うにあたってさまざまな疑問があると思います。まず大前提として、「高齢出産の定義」についてお答えします。

 

一般的に「高齢出産」と呼ばれていますが、医学的には初産と二人目以降の出産ではリスクが大きく違ってくるため、「高年初産婦」という言い方をします。つまり、初産の高齢出産に関してのみ、問題視されることが多いのです。

 

高年初産婦の定義は日本産化婦人科学会が定めており、以前までは「30歳以上の初産婦」とされていたのですが、1990年以降「35歳以上の初産婦」に変更されました。なお、WHO(世界保健機関)ではもとから35歳以上の初産婦を高年出産と定めています。

 

なぜこのような定義をされるかというと、妊娠や出産に最適の年代というのは20代であり、10代は生殖機能が未熟、そして30代以降は加齢現象によるリスクが発生してくるためです。なので、20代に比べてトラブルが多くなりやすいと考えられているのです。

 

それで、なぜ高年初産婦の定義が30歳から35歳に上がったのかというと、生活環境が改善されたり、医学技術が進歩したりなどの理由によって、出産のリスクが低減されたからです。以前なら30歳からみられたリスクが、35歳ころまでは問題なくなってきたからということなのです。

 

とはいえ、35歳になった瞬間にいきなりリスクが出てくるわけではありません。30歳を過ぎてしばらくしたら、出産に備えて注意を払っていく必要があるのです。

 

その他のQ&Aについては以下の記事からご覧になれます。

Q&Aコーナー記事一覧

やはりリスクは高いですか?

一般的に、高齢出産はリスクが多いとか難産になるといった印象を持たれています。もち...

≫続きを読む

難産になりやすいですか?

まず『難産』とは何か?という話ですが、分娩時間が異常に長かったり、分娩にさまざま...

≫続きを読む

帝王切開の可能性が高いですか?

分娩中に、なんらかの理由で酸素が赤ちゃんへしっかりと送られなくなると、酸欠になり...

≫続きを読む

流産はしやすいですか?

統計上、自然流産の確率は、34歳以下では約10%以下なのに対して、高齢出産と言わ...

≫続きを読む

羊水検査は受けたほうがいい?

流産のQ&Aでもふれたとおり、高齢で妊娠すると、卵子の老化が原因で、受精卵に染色...

≫続きを読む

医者の力を借りないで出産したい…

もともと出産にはある程度の危険が伴うものだということを覚えておいて欲しいのです。...

≫続きを読む

妊娠中の体重増加はどこまでOK?

妊娠中の肥満は血圧を上げてしまい、その結果妊娠中毒症を引き起こす原因となってしま...

≫続きを読む